栄養のバランスはもちろんですが、入園当初は子どもたちに「苦手な物も食べてみよう」 「残さず食べよう」というよりも「おなかがすくと、食べることって楽しいね」「みんなで食べると おいしいね」という気持ちを育てたいと考えています。豊かで恵まれた社会に育った現在の 子どもたちは、いつでも好きな物が食べられる事に慣れてしまい、食事に対して意欲がない 子どもたちが増えているように思われます。幼稚園では午前中に思い切り体を動かし(もちろん 家庭にいる時と違って、間食もありません)空腹を経験し、食べることで味わう満足感、みんなと 一緒に食べることで味わう楽しさを大切にし、それを知った上で食事中のマナー、食物を頂く事 への感謝の気持ち、偏食の克服を1人、1人に合わせて身に付けていける様、指導しています。